「占い」と癒しの空間
東京・新宿で真言宗の僧侶が、密教占星術であなたの運勢を占います。
TOP
住所
〒160-0007
東京都新宿区荒木町6番地42
AGビル2F


占いの基礎知識


占いに興味のある方に、占いの基礎知識をお話させていただきます。

占いは大きく分けると、命(めい)、卜(ぼく)、相(そう)の3種類に分類できます。

それぞれ特徴があり、どれが優れているのかということは一概に言えませんが、それぞれの特徴を理解して、上手に使うといいのではないかと思います。

多くの場合、自分が安心して幸せになるために占い鑑定をしてもらいたいと思うのではないでしょうか?

つまり、占いは自分が幸せになる為の方法・ツールでしかないのです。

ですから、その目的に合った方法を選ぶことも大切ですし、自分の感性に合った方法を選ぶことも大切だと思います。

そうした意味では、まず基本的な占いの知識が必要ではないかと思いますので、簡単ではありますが、説明させていただきます。




命(めい)の占い


命は生年月日から占う方法です。

誕生した日により天地より与えられた宿命を基にして、持って生まれた才能、適性、人生の流れなど、その人の一生の流れを読み解いていく占いとなります。

また、導き出した結果を基にして、相性、ご縁、行く末などを占うことも出来ます。

生まれた日によって宿命が決まっているというと「なにをどのように努力しても、宿命が決まっているのでは逃れられない」と考える方がいますが、そうではありません。

命を用いて占いをする占い師は、宿命から「限界」を鑑定するのではなくて、「可能性」を鑑定しています。

持って生まれた才能や人生の流れを基にして、どのように生きていくことが自分の才能を活かすことになり、どのようなタイミングで行うことが良い流れを引き寄せることにつながるのかを見極め、可能性を最大限に高めることで自分の望む幸せな人生を切り開いていくことができる占いといえるのです。

代表的な命の占いには、西洋占星術数秘術四柱推命、紫微斗数、算命学、インド占星術、宿曜占星術などがあります。

命の占いには長い歴史と体系化されたロジックがあり、多くの研究者によりその精度が高められてきました。

命の占いは、将来を予測したりする占い鑑定は得意ですが、今この瞬間に相手がなにを考えているかというような、瞬間を読み解く占い鑑定は得意ではありません。

そういった意味では、自分の将来をしっかりと見据えて、今を生きていく為の占いといえます。

また、相性鑑定などでは、お互いの特徴を良く理解し、どうしたら上手くいくかを考えることにより、一般的に悪い相性といわれるものであっても生涯仲良く幸せに暮らしていくことが出来るようになるということでもあります。

命の占いの場合は、生年月日が変わることはないので、基本的に占いの結果は一生変わることがありません。

ただし、占術の基本は同じでも、占い師の解釈による違いがあったり、細かく流派が分かれていたりする場合があります。

また、いくつかの命の占いを組み合わせることで、独自の命の占いをされる占い師もいます。

三つのジャンルの中でも、命の占いは奥深くて、極めていこうとすれば難解でもあります。

ある意味、命の占いは勉強をして知識を得れば誰でも占うことが出来ますが、秘術とされているものなどは肝心な部分を公開していなかったり、わざと違うものを公開していたりもしますので、簡単な書物を読んだだけでは分かり得ないこともありますから、専門家に鑑定してもらう意味は大きいと思います。

古来より、暦を支配するものはこの世を支配するとまでいわれ、時の権力者が国の政治にも用いてきた歴史があります。

こうした暦(生年月日)に基づいた天命を知り、天地の大いなる力を有効に用いることが出来るような自分の人生の流れを考え、行動や決断の材料とすることは、とても有意義なことであるといえそうです。




卜(ぼく)の占い


命の占いは、生年月日によって決まってくるので、その結果はいつどこで占っても変わることはありません。

そのため、人生の大きな流れをつかみ、決断の材料にするのにはとても適した占いといえます。

しかし、人生には、今この瞬間に白か黒かを決めなくてはいけない場面や、イエスかノーかをはっきりと決めたいという場面があるものです。

そして、自分だけでは決断に迷ってしまい決められないということもあります。

そのような場面で有効なのが、卜の占いです。

卜の占いは、生年月日のように初めから固定されたものに基づいて占うのではなく、ある瞬間の偶然を利用する占いです。

つまり、卜の占いは共時性(シンクロニシティ)とでも言うべきものをベースにして占うわけです。

共時性(シンクロニシティ)は「意味のある偶然の一致」というように解釈され、一見するといい加減とも思えるような乱数要素をもつ物が現した結果を「必然」であると解釈し、その結果から判断をするというものです。

少々複雑な表現になってしまいましたが、簡単に言えば「この世の中には偶然なんていうものは無くて、全て必然なのである」という考え方に基づいて占う方法です。

代表的な卜の占いには、タロット、トランプ、ルーン、ジプシーカード、ダイスなどがあります。




相(そう)の占い


相の占いは、主に目に見える物の形状や姿を通して占います。

代表的な相の占いには、人相、手相、家相、墓相、印相(印鑑)、風水、姓名判断などがあります。

物がある形になるという事は、そうなった理由があるはずという考えに基づいています。

つまり、ある理由に基づいてその形状や姿になったのであるから、その形状や姿を見ればそうなった理由を推測できると考えるわけです。

また、現在そういう形状や姿になっているということは、この後どのようになるのかも推測できるということです。

相は、手相のように出た結果をそのまま受け止めるしかないものもありますが、家相や風水などのように相を自分の力で変えることも可能です。

こうしたことから、自分の運気を上げる為に、積極的に相を変えていこうとする人も多いようです。




|               | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示 |
Copyright (C) 2008 占いと癒しの空間 ガネーシャ All Rights Reserved.